オクラホマの皆さんとバラを満喫!

  • 2014.05.20 Tuesday
  • 19:42
Welcom to Osaka!
中之島バラのいい季節に。。。

今年も来ていただきました!オクラホマ州立大学の造園学科の学生さん、先生、亀岡の皆さま 有難うございました!

昨年、新しい天満橋の事務所に移転してから初めてですが、2005年から、毎年この季節に、日本での訪問地のひとつとして、大阪では、国立国際美術館とバラ園そして、HTA事務所を訪問してくれています。
IMG_0038.JPGs-DSC_1938.jpg

早いもので、2005年から9年も経つんですね。途中、鳥インフルエンザが流行って、大阪に入れない年や日本への研修がない年もありましたが、HTAの楽しいイベントになってます。今年は、コースを変えて、大阪城と川の駅はちけんや、そして、中之島のバラ園を見学。。。そして、うちの事務所では、ランチパーティーと所長高原によるパワーポイントでのプロジェクト紹介等など、楽しいひとときを過ごしました。高原の英語でのプレゼンテーション全部伝わったか???
このつながりのお陰で、ボストン滞在時には、ちょっと足をのばして、オクラホマ。そして、先生宅にお泊りまでさせていただいたのも、懐かしい思い出です!

中之島バラ園では、‘I am so excited!’ 気分はウキウキみたいな女性の学生さんは、目を輝かせていました。天気も良くて、色とりどりのバラといい香りが漂っていたので、彼女は興奮して、嬉しそうでした。
20140516_152749.jpg20140516_152704.jpg

泉大津在住の川崎さんは、デモンストレーションで、絵も描いてくださり、みんな真剣に見てました。
さすが!です。あっという間に、色までつけて、バラと橋を入れた絵は完成。
その絵の写真を撮ってなかったのが、残念です。。。

20140516_145842.jpg20140516_153816.jpg
オクラホマでお世話になった、オクラホマのHSU先生は、私の絵を途中だけどね!っと言って、見せて下さったのが嬉しかったです!
その後、亀岡へ戻られ、京都、東京と日本での滞在と聞いています。旅を満喫され、いい思い出をたっくさーん、作られ、無事にオクラホマへ帰られますように!
そして、また来年も、元気でいらっしゃってくださーい!お待ちしています。




 

夏だ!天神祭りだ!

  • 2013.07.25 Thursday
  • 14:49
暑中お見舞い申し上げます。
 夏も本番ですね。今日も事前の天気予報に反していいお天気です。
 窓の下からお囃子の音色!いいですね。
 祭り好きの私は、ワクワク。
 今日25日は天神祭り本番!夜には花火も夏の夜空に打ち上げられる予定です。 昨日はちょっと、お昼休みに みんなでギャル神輿を見に行こうと勇んで天神橋筋商店街へランチがてらに出かけたんですが、ギャル神輿本番はその前日23日だったらしく、がっくり。 残ねーんとおもいきや、帰りに交差点で、ギャル神輿らしき神輿発見しで大喜びのT所長。

念願叶った?その後、大阪天満宮で、地元の方に陸渡御と船渡御の言われや巡回ルートをお聞きし、なるほど!と大阪に住んでいながら、改めて知ることが多い。



その後、りりしいお坊ちゃまくん達の船に乗っている姿に、なにかわからずジーンと感動。
さーって、今日はお祭り本番、今から準備にかからねば!

べっぴんタオルで、東北被災地ご支援有難うございました。

  • 2012.09.16 Sunday
  • 07:06
 2012/09/12

こんにちは。皆様お変わりなくお元気されていることだと思います。

ボストンでは、とても過ごしやすい清々しい秋晴れの季節になってきていることでしょう。

私達は、8月末に大阪に帰国しましたが、日本の残暑はかなり厳しいです。

東北被災地自立支援プロジェクトでは、皆様には大変お世話になりました。

お陰さまで、皆様にご支援いただきました、『べっぴんタオル』 50枚 ボストンで完売でき、南三陸町 『ちくちくの会』の皆様に全額送付させていただきましので、ご報告させていただきます。

      東北被災地自立支援プロジェクトのご報告

 総額        ¥45,454  ($12X 50+3(donation)=$603  Rate ¥75.38 ) 

送付日         2012年9月4日

送付方法     郵便局現金書留

送付先        宮城県 本吉郡 南三陸町 志津川町 平磯仮設住宅 ちくちくの会

 

皆様の暖かいご支援を心より感謝申し上げます。

”Ebisuya”店長さんと。


 東北被災地自立支援プロジェクト』として、『べっぴんタオル』を店頭において頂いた日本食材店 『Ebisuya』さんを初め、日本人会の皆様、Tewassaさまのご支援、このプロジェクトの英訳のお手伝いしていただいた英語の先生や友人、店頭で購入していただいた顔も拝見したこともない方々のご支援、私の周りの友人、日本人の方達だけでなく、国を越えてご支援していただいたこと、本当に感謝申し上げます。

このプロジェクトを通して、途中で、完売は無理かな?と思ったときもありましたが、『応援してますよ!』という一言から、『私も地震のある国出身なので、災害の怖さは、よくわかります。是非協力させて!』また、『べっぴんタオル』を置いてもらえそうなお店に一緒にまわって下さった方、そして、趣旨に賛同して、販売協力をしてくれた友達等、皆に勇気づけられ、暖かい応援に、幾度となく、うるうるきました。一人だけでは、出来なかったことも,皆様のご協力で可能になりました。

今朝、ちくちくの会の方よりお礼のお電話いただき、アメリカで、べっぴんタオルを紹介していただいたこと、そして多くの方々に応援していただいたこと、とても感激されていらっしゃいました。現在、彼女たちのところは、少しずつ復興の兆しが、目に見えてきて、希望が沸いてきたと仰ってました。また、各々が作った野菜などお互いに交換して協力して生活されているとのこと。彼女達の、嬉しいことのひとつは、一緒にお話をしてもらえることだとも仰っていました。そして、彼女達の頑張っている姿、そして、このプロジェクトを通して、私も勇気をいただけたことに感謝しています。今後も、被災地の皆様の希望の見えるお手伝いを、少しでもできればと思っています。

 本当にご協力、有難うございました。心よりお礼申しあげます。

浅井(高原) 幸子 sally.asai2010@gmail.com

 

 

 

Thank you for supporting my project about "Beppin towels"

  • 2012.09.16 Sunday
  • 06:27
 2012/09/12

Dear Friends,

I hope everything is going well with you.  I believe the wonderful fall season has started in Boston.  I came back to Osaka, Japan, at the end of August, and it has been very hot here.

 I want to thank you for your support of my project to support the survivors of the Great East Japan Earthquake of 3/11/2011 through the sale of handmade “Beppin” hand towels.  All fifty Beppin towels that I had in Boston were sold, and I have sent the donation to the “Chiku Chiku no kai” group.

 Here is the report of my project to support the survivors of the Great East Japan Earthquake:

 Total donation:    45,454

( $12 x 50 + $3 donation) =$603  Rate 75.38  Total 45,454)

The date of deliver     September 4,2012

The way of delivery:   Cash by registered mail

Delivery address:      “ Chiku Chiku no kai ” group  

              Hiraiso kasetsu jyutaku    

              Shizugawa-cho Minami-Sanriku Motoyoshi-gun, Miyagi, Japan

 

I want to express my appreciation for your generosity and compassion.

I really appreciated the Japanese grocery store “Ebisuya” for providing a place where I could display Beppin towels and collect donations, the friendship of Japanese club members, the great help of English teachers and friends for translating my message about this project into English, and the support of all of you who bought Beppin towels.

During this project, you encouraged me to continue when I felt it was impossible to sell all of the Beppin towels.  You told me that you understood the horror of disaster and wanted to support this project. Some of you helped me locate a place to sell the Beppin towels, and some of you bought several towels and assisted in selling them.  I was moved by everyone’s support.  The connection between people made it possible to sell all of the Beppin towels.  When I told the “Chiku Chiku no kai” group about this project, they were really gratified.  It helped survivors feel hopeful, so I want to continue to support them even if my power is small. 

Thank you so much for your cooperation!

 Sachiko Takahara (asai)

sally.asai2010@gmail.com

 

One of my projects in Boston,

  • 2012.07.12 Thursday
  • 07:24

I hope everything is going well for you. I came to Boston in the summer of 2010. Since then, I have been enjoying life and I have really appreciated your kindness and friendship to me. I have recognized that one of the most important things in life is the connection between people.

Today let me introduce my project to support the survivors of the Great East Japan Earthquake on 3/11/2011 through handmade “Beppin hand towels,” which are designed and made by a women’s group called the “Chiku Chiku Group. (ちくちくの会)” Many survivors are still living in temporary housing  and are doing whatever they can do to support their families. When you make a donation to help these survivors, you will receive a “Beppin Towel” as a thank you gift.

べっぴんタオル

I am going to tell you why I have become involved in the Beppin Towel Project.

First of all, I was extremely shocked to see the Tsunami disaster on TV. And sometimes I attended the meetings that some Japanese in Boston held about the disaster problems. I had been thinking about what I could do for the victims. I felt powerless. When I decided to go back to Japan this past February, I was wondering whether to join volunteer work or not, because I didn’t know if my small help could be useful or not. So I contacted my former boss, who lives in Sendai in Tohoku. He gave me advice, “ There are three important things to do. One is to go and see the disaster area with your own eyes. Second is to buy something in the disaster area. Third is to tell people the real story about what you saw at first hand.” His advice encouraged me to do volunteer work. When I went to Minami Sanriku in the Tohoku area, I saw unbelievable scenes. There was nothing there and there were still ships lying on buildings. And people still needed to help from volunteers. I still can't forget the words that a leader of the volunteer center told us. “Please remember that we still have been struggling to live and we are worried that people are forgetting about our situation. Please tell our real situation to people when you go back, even if you can tell it to only a few people”

Coincidently, when I went back to my hometown, Osaka, I met one of my friends, who went to do volunteer work in a temporary shelter in Minami Sanriku, where she met some women who wanted to stand on their own feet; but they didn’t know how to do it. She offered to help them to sell these uniquely designed handmade towels, which they had been making. She hoped that these towels would become their first steps of self-reliance. It is succeeding. Some materials like cloth and ribbons have also been sent to the shelter by people who heard their story. People can’t live by themselves. The survivors really have appreciated the people who have supported them. The people who receive these towels also think positively, because they are impressed that the survivors who lost everything still want to move forward. I was moved to hear that and I also offered to support them through the Beppin Towel Project. The importance is the connection between people.

Through this project, I really appreciate ” Ebisuya” (Japanese grocery store) where we can donate and get “Beppin Towels,” my ESL teachers, friends and my family who have supported me. Thank you so much for reading my story. 

Please enjoy a wonderful summer!

Best regards,

Sachiko Takahara (高原 幸子) Chestnut Hill resident, 

E-mail: sally.asai2010@gmail.com

 

    The flow of charity

Donation:   A” Beppin Towel” -  $12 each   (Limited quantity available)

At:              Ebisuya, 66 Riverside Ave. , Medford, MA, 02155

                or Contact Sachiko directly

Your $12 donation for each towel will be deposited into the bank account of the “Chiku Chiku no Kai”

A report on donations will be posted at Ebisuya  http://www.ebisuyamarket.com

●“Chiku Chiku no Kai” (ちくちくの会) is a group of survivors in a small shelter in theTohoku area of Japan. ADDRESS:Hiraiso kasetsu jyutaku Shizugawa-cho Minami-Sanriku Motoyoshi-gun, Miyagi, Japan

ボストンで東北被災地自立支援プロジェクト

  • 2012.07.09 Monday
  • 11:24
 みなさん、こんにちは!如何お過ごしでしょうか?

私は2010年夏からボストンへ着てから、もうすぐ2年が経とうとしています。その間、多くの人と出会い、また、お世話になり、人の絆の大切さを感じています。本当にありがとうございます。

昨年、日本では、東日本大震災という、信じられない災害をおこり、今なお、多くの人たちが立ち直ろうと、頑張っておられます。そこで、私はその被災地の自立支援のひとつとして、『べっぴんタオル』をチャリティーで応援することにしました。『べっぴんタオル』は、赤ちゃんのドレス型をしたハンドタオルで、南三陸町の仮設住宅にお住まいの “ちくちくの会”のメンバーの方達が、一針一針心を込めて、手造りで作られたものです。ここ、ボストンでも、ご紹介させていただきたいとお話しましたら、「遠いアメリカでも私達のことを思っていてくれる人たちがいるなんて、夢のようです」と喜んでいただけました。ほんの少しの力かもしれませんが、人とのつながりで、ひとりでも、元気に前向きに進んで行ってもらえたら、うれしいです。

 べっぴんタオル

*****べっぴんタオル ”Beppin Towels"*****

私がこのチャリティーへの支援を始めたきっかけは、

昨年の信じられない東日本大震災の映像をボストンのテレビで見て、愕然とし、それから、日本の友人との交信、そして、ボストンで開催された「被災地の方達へ何が出来るか?」などの会への参加したり、チェルノブイリハートの映画を見て、益々、ショックを受けたことからです。

そして、

     私に何かできることはないか?

     今年の2月に日本へ帰国時にボランティアに参加するか迷いました。(ほんの小さな力で、役に立つのか?と)

     仙台在住の元上司に相談。

大事なことは、

) 実際に現地を自分の目で見ること

2) 現地でお金を落とすこと 

3) そして、その状況を帰ったら、みんなに伝えること

ほんの少しの時間の協力でも、それは、ゼロではなく、前へすすんでいるのだからと、ボランティアを後押ししていただきました。

     そして、2月 南三陸町の瓦礫処理のボランティアに参加。

     その後、帰阪後、友人の井上さんから、偶然、彼女も南三陸の仮設住宅へボランティアに行ってきたお話を伺いました。そこの仮設住宅に住む、女性の方達から「小さな仮設住宅には、あまり情報も入ってこない、自立したいがどうしたらいいかわからない。」そして、その方達が、手作りした『べっぴんタオル』を見せてもらったことが、きっかけになり、その『べっぴんタオル』が、彼女たちの自立の第一歩にならないかと、その販売を申出、大阪でチャリティーとして販売されました。その話を聞いた人たちから、『べっぴんタオル』の材料となる、タオルやリボンが送られ、べっぴんタオルは作られています。

     その後、5月に井上さんから、南三陸の“ちくちくの会”の人達と、大阪府和泉市の人達との交流の様子の報告書をいただきました。

べっぴんタオルの発送準備 preparing "Beppin Towels”

仮設住宅   Temporary housing

     私も、ボストンで、その彼女達の自立の第一歩お手伝いが出来ないかと、“べっぴんタオル”をチャリティーすることを申し出ました。

自立とは、人が元気に暮らしていく気持ちになることから始まるのだ、と思います。

井上さんが言うように、 “べっぴんタオル”を、受け取った人も、「大事なものを失った人たちも、がんばって生きていこう!」と努力している姿勢を感じ、その人も前向きに生きていく元気をもらえるのではないか?作った方も受け取った方もお互いに、元気になれるのだ信じます。お互いを思いやる人とのつながりを、『べっぴんタオル』を通して、支援することにしました。そして、その元気が、周りに広がりますように!

     今回、その『べっぴんタオル』は私の家族がボストン訪問時にスーツケースに入れて持ってきてくれました。

  ● チャリティー金額は べっぴんタオル 1枚 12ドル

     “ちくちくの会”へすべて、送金します。

  ●  場所 Ebisuya, 66 Riverside Ave. , Medford, MA, 02155

   もしくは、下記、浅井(高原)宛、直接、ご連絡お願い致します。

   何かご質問ございましたら、遠慮なくご連絡いただければと思います。

チャリティーの報告は、このブログとボストンでご協力いただいている、日本食材店の“Ebisuya さんでも報告してもらう予定です。

最後になりましたが、このボストンでのチャリティーを応援をしていただいている多くの方々、日本食料品店の『Ebisuya』さんを始め、英訳をお手伝いしていただいたESLの先生やアドバイスいただいた友人の皆様に心より感謝申し上げます。

                  連絡先 浅井(高原) 幸子 sally.asai2010@gmail.com

卒業しました!

  • 2012.06.04 Monday
  • 12:12
 5月18日、とてもさわやな春の日に、無事に高原は、大学を卒業しました!
アメリカの卒業式の様子です。
卒業式では、ひとりひとりの名前が呼ばれるたびに大きな声援が上がります。お陰様で、ボストンでも多くの教授の方々や友人に助けられ、3つの賞をいただきました。
ひとつは、成績最優秀賞、ふたつめは、ESL賞、そして3つめの賞として、東北大震災の復興プロジェクト『The Future College』で、卒業設計最優秀賞です。このように、有意義な学生生活をおくらせていただいたことには、盡兇箸發匹癲⊃瓦茲蟯脅嫂修珪紊欧泙后
この提案の概要は、現在、日本語版を作成中ですが、下記の英語版web−siteに、UPしております。

By asai

Tao Japanese 太鼓パフォーマンス ボストン公演

  • 2012.03.23 Friday
  • 13:12
 

昨日のアメリカ全土を巡回公演しているTAOのボストンコンサートへ行って来た。
本当に迫力満点で、観客を飽きさすことなく、あっとい間に時間が過ぎた。
TAOは日本の太鼓パフォーマンス集団。
日本の伝統文化の太鼓や楽器をうまくアレンジした舞台だった。
楽器も、太鼓、笛、琴、鐘、あと木琴?のような素敵な音色の楽器を使って。
そして、みんな鍛えた、身体で、迫力ある動き、男性11人女性4人の舞台だった。
男性だけでなく、女性も鍛えられた身体。大きな太鼓をたたく、女性の後ろ姿に、なんと美しく筋肉が、肩、背中、腕についていたことか。。。始めて見た。
なのに、笛を吹く時の姿は、とっても、色っぽい。。。感動!
彼女に公演後、話を聞くと、16年も、すーっと、TAOで活動してるらしい。
信じられないくらい、鍛えられた身体だった。
男性も、みんな、かっこいい。極限まで、鍛えてるからか、身体は引き締まり、
精神的にも、強くなっているからか、溢れ出る笑顔は、まぶしく、声も、きりっとしていた。
TAOの舞台は、どこか狂言を思い出させるような、笑いもとっている。
言葉はいらない、すべてパフォーマンスで表現している。笑いは全世界共通なのだ。
最後は、観客全員スタンディングの拍手喝采とアンコール。(日本人観客はちなみに1割くらい)これだけの人を感動させる舞台が日本人によるものであることを誇りに思った。
こんな素晴らしい、舞台がみれたことに感謝。
ボストン在住、Yくんのお父さんが、TAOのミキサー担当していることから、TAOの存在を知った。Yくん。有難う!!!
音楽やパフォーマンスは言葉がなくても、あっとい間に、人を感動させることが出来る魔術だ。



南三陸ボランティアツアー

  • 2012.03.04 Sunday
  • 11:30
南三陸ボランティア参加してきました。 高原と入れ違いに、2月半ばから日本へ10日間ほど帰国。急遽、私用で、短期間の滞在を決定したので、お世話になった方々への挨拶が出来なかったことは、本当に残念でしたが、この短い期間に、貴重な体験が出来ました。 一時帰国することが決定した時に、東北の被災地でのボランティアに参加したい気持ちが高まり、数時間かけてネットで検索。そして、私の日程に合う『JTBの南三陸ボランティアツアー』発見。震災当初、ここボストンでも、アメリカを初め、多くの国々の方々も支援してくれていましたが、今、その震災のことが、薄れつつあることを憂う日本人の方もいます。そんな中、私も、もし機会があれば、直に現場で、何か支援はできないか?と思っていましたが、思ってはいるものの、なかなか現実にはうつせませんでした。偉そうに言っても、私に一体何ができるのか?ひとりの小さな力で?自己満足?色々なことが頭に過ぎりました。そんな時に仙台の知人へボランティアの話をさせてもらうと、その人が、『現地でお金を落とすこと』『今の被災地の様子をみんなに伝えること』これが、大切と、私のささいなのボランティアを後押ししてくれました。ほんの2日間ですが、小さな力が集まれば大きな力になると信じて、ボランティアツアーに参加。偶然にも高原が前回廻った被災地に南三陸が入っていたので、出発前に写真やビデオを見て行ったものの、実際に、あまりにも広範囲に何も無い状態に唖然としました。海岸から、本当に遠いところ、2キロ以上のところまで、更地になっていました。こんな奥深くまで、津波が襲ってくるとは、現地の人も考えられなかったでしょう。そして、まだ、ビルの上にもそのまま残っている船や車、山積み状態の破壊された車やタイヤ。やっと最近信号が少し出来たということ。小さなコンビニ。容量が小さいため、女性ボランティアの人限定に使われている太陽光パネルを使った小さなトラックのコンポストトイレ。 
私達の仕事は瓦礫処理。大物は重機で処理されていましたが、その後、まだ、残されたものをボランティアで掘り起こし仕分けしているとのこと。寄付されたツルハシやシャベルも人数分もなく、瓦礫となっている木片や金物片を使って掘り起こしなどもしました。被災者の方にとって、貴重なものが発見された場合(現金・写真・骨など)、警察の人に引き渡すとのこと。その日も、警察の人が駆けつけたので、何か大切なものが発見されたようでした。ということで、掘り起こした瓦礫も注意深く仕分けをしながらの作業。普段動かさない筋肉を使ったので、筋肉痛。人を雇って掘り起こす方が早いけれど、町の予算が限られているので、ボランティアの人に来てもらうと助かるとのこと。南三陸町は交通の便が良くないので、他所よりボランティアの人数が少ないらしく、かなり復興が遅れている様子。今年の冬は厳しかったのにもかかわらず、数人の長期滞在しているボランティアの方々は車の中で寝泊りしているらしい。ボランティア終了後、奥様が未だ見つかっていない災害ボランティアセンター長の方が、感謝の言葉と、挨拶をしてくださいました。『南三陸町では、まだまだ復興が遅れていて、ボランティアの方が来て下さると助かります。この現状を一人でも二人でも帰ったら、伝えてほしい』『そして、私達、被災地のことを忘れないでほしい』と。そんな言葉を受けて、私のほんの少し出来るもうひとつの小さな支援。このブログを読んで下さる方にだけでも、この現状をお伝えできればと思いまいます。 今、悲しいことに、世界のいたるところで、災害が起きています。人との絆を大切にしていきたいと思います。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM