祝 ”RICH COMMUNICATION HOUSE” 第8回建築人賞 第1次審査通過!

  • 2016.03.02 Wednesday
  • 16:49
先日、2月27日(土曜日)大阪府建築士会主催の第8回建築人賞公開審査会
審査委員長 古谷 誠章(早稲田大学教授)が行われました。
昨年2015年1月から12月掲載分、40作品中、ほぼ全ての設計者が、プレ
ゼンテーション持ち時間3分、質疑2分というとてもエキサイティングな公開審
査会に、行ってきました。
160227_当日配布資料_ページ_1.jpg
8月号掲載の「RICH COMMUNICATION HOUSE」と10月号掲載の「嵐山かづらの」
を担当スタッフと2人でプレゼン。

Rich Communication_HTAデザイン事務所.jpg嵐山かづら野_HTAデザイン事務所.jpg
1つは、住宅のリノベーション、嵐山かづら野は外装デザインと、どちらも新築
プロジェクトではなかったですが、クライアントの「思い」を「形」にするとい
う私たちの熱意を精一杯プレゼンしました。

おかげさまで、RICHI COMMUNICATION HOUSEが見事 1次通過。
2次の現地審査となりました。


手前みそ、、、ですが、私たちのプロジェクトは、いつも写真より実物のほうが
良い!!!と自信を持っています。
と言うのは、私たち建築家の役割は、素晴らしい建築を提案するのはもちろんで
すが、その先に目指すこと、として、決して建築という
ハードづくり(だけ)ではなく、そこに住まう人がくつろいだり、楽しんだり、
訪れる人で賑わったり・・・というソフト(人の営み)を最も大事にして設計を
進めています。
嵐山かづらののスライドでもプレゼンしたように、「建築家<建築<まち<人」
というシーザーペリから学んだ設計姿勢を常に強く意識しながら進めています。
CIMG9516.JPG
特にこの住宅は RICH COMMUNICATION というテーマで 施主さん、工務店さ
ん、大工さん、職人さん・・・施工の段階からも多くの人との信頼関係の中で、
豊かに交流し、今後は、施主さん、その友人の方々ともつながり、さらに豊かな
交流が生まれてなってくれることを目指して楽しく頑張りました。
本当に多くの方々と「リッチなコミュニケーション」させていただけたおかげです。
みなさん、ありがとうございました。

審査委員長の古谷先生の選定のコメントで、このようなプロセス、設計姿勢を読
み取って頂けたようで、とても感動してます。

2次審査は3月末ごろとのこと、、、結果はどうであれ、精一杯楽しく現地案内
してきます。
乞うご期待!!!ください。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM