九大プロジェクトを見てきました 

  • 2016.05.20 Friday
  • 11:59
HTAデザイン事務所


ボストンから帰国後、初参加したプロポーザル 九州大学(馬出)創薬リサーチ
センタープロジェクトが今年、2月に竣工しました。
竣工後、タイミングを逸して、視察するのが伸び伸びになっていましたが、よう
やく、先日福岡へ見に行くことができました。
手前みそですが、写真より実物のほうが出来がいい!!!満足です。
悩んだ末のアースカラーの腰部分のタイルも白の柱型タイルとうまく対比してい
ました。
環境配慮のアルミ庇もアクセントが効いています。



1,2階低層部の実験室の外装を10度傾けたガラスとして、前面のランドスケー
プと人の賑わいが映り込む仕掛けにしました。ここも十分に機能していると感じ
ました。
 
ランドスケープは、ボストンの友人、ササキアソシエーツにデザインをお願いし
ましたが、桜の木が一本足らない。芝生の車路舗装など現場で変更になって残念
ですが、車寄せの機能も満たしながら、自由カーブの植込みの形状は、優しさを
醸し出しています。
 
また、木天井のR庇、玄関ポーチ床の焼煉瓦タイル、エントランスの壁面緑化も
加わり九大病院の東門前の建物としてのシンボル性を十分に発揮できていると思います。
 
 
そして、次の日、九大伊都キャンパスへ久々に。
 
理系地区が完成していました。
この基本設計は、2004年にシーザーペリジャパンからHTAとして独立してから、
引き続き担当させてもらいました。
その後、実施設計を経て、完成しましたが、基本設計の時の、ゾーニングの考え
方、南北面のファサードはほぼそのままのイメージでした。
工学部棟との連続性、工学部より少し明るめの細やかな外装。伊都キャンパスの
新たな顏として、さすが、シーザーペリジャパン!いうデザインで感動しました。
 



基本設計時から議論していた、
東面妻側の正面となるデザインは、シンメトリーか
アンシンメトリーか相当いろんなスタディーの上決まったようですが、
これもさすがに、正面性を醸し出すデザインでした。
 
1999年にマスタープランを担当してから、18年あまり、220ヘクタールもの敷地
に新たな息吹が吹き込まれて行く様でとても感動の今回福岡出張でした。
 
また、今回は、九大伊都、病院地区(馬出)に続き、3つ目のキャンパス大橋
(塩原)地区でのプロポーザルに参加します。
純粋に、学生にとって、九州大学にとって、そして地域にとって、なにがベスト
かを追求することで、最高のプロポーザル案になると思います。
楽しく全力投球です!!!
 
次回は、祝選定!!!ブログが書けますように。
 
最後に、1992年(24年前)に初めて福岡に来て、多くの人との出会い、多くの
方々とのコラボレーション、ご協力で、今でも福岡は私にとっては非常にいい場
所で来るたびに元気をもらえます。
皆さん本当にありがとうございます。











 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM