キャリアデザイン 夢を追い続けて・・・「自分自身の棚御」

  • 2017.03.26 Sunday
  • 21:07

働き方改革、私自身もHTA(会社)としても考える機会を増やしたいと思ってい
ます。日常的にプロジェクトスケジュールや業務報告、仕事効率、モチベーション、個
々の成長など、みんなで話し合うことで事務所の成長につながると思っています。そんな時、

今日はとても良い講演会に出会いました。
「夢を追い続ける」こと、「自分自身の夢の棚卸」

このことが、働き方改革の本質的な部分ではないかと思いました。

 

その講演会は、OCT(大阪工業技術専門学校)校友会 大阪支部主催の、新会員歓迎会の基調講
演で 阪急電鉄不動産開発部、大阪工業大学非常勤講師の「高武 隆司」先生
の「キャリアデザイン」というテーマの講演でした。。
今年の卒業生向けの講演でしたが、私をはじめ、多くの古株OBが元気をもらえた
内容だったと思います。

 

そこで、少しご講演の内容を紹介をします。

キャリアデザインとは自分自身をプロデュース(企画)すること。
好きな仕事、なりたい自分を探す。
「好きなこと」と「経済的満足」と「建築界で出来る事」の3つの共通項に自分
を置ければ、最高に楽しく仕事ができる。
「自分自身の棚卸」をしてみる。その方法として、
1、今までの自分(子供のころ夢中になったこと)子供のころ何になりたかった?
2、今の自分 
・今、夢中なること
・嬉しい時はどんな時?
・がんばろうと思った時?
・人の役に立ったと思う時
・時間ができたらやりたいこと
・お金ができたらやりたいこと
・今の「夢」は?
3、将来の自分
・尊敬する人は?どんな人?なりたい人?
・その人に近づくために真似たいことは?
・今、自分に欠けていること?

 

<思わず、自分自身の棚卸してみました。みなさんもトライしてみては?何か新たな発見があると思います。>

 

そして、40年後の夢 「仕事」「家族」「家」「趣味」は?

その夢の実現に向けて、それぞれ計画10年後、20年後、30年後の計画を立てる事 とのことです。

私の場合、40年後、95歳の自分の姿?「師匠のシーザーペリに負けないよう元気で現役で!」(笑)を夢見て・・・見ました。

 

新卒者へは、

厳しい建築業界でどのように生きるか?
課題に対して
・私ならこうしたい
・少しずつ領域を拡げて提案する
・好きなことに近づける・・・

そのプロセスとして、
・なりたい人をまねる
・公的資格を取得する
・政治、経済を見る
・人の世話をする(ネットワークの構築)
・人が嫌がる仕事でオンリーワンに
・小さな仕事で仕事の流れを把握

まとめは、「夢を持つ、夢をあきらめない」とのこと。

 

私自身も改めて「まだまだ夢を追い続けています!!!」と 元気なるよい機会でした。

 

今日の歓迎会は、校友会本部の副会長と言うことでお誘いを受け、自分のあいさ
つで「I  HAVE A DREAM!」を先輩として、話そうと予定していたので、自分
のネタを失ってしまった・・・(苦笑)と思いましたが、それ以上に、私自身、
常に思い続けていることを、まさに思いがけぬ拝聴することができ、何度も何度
もうなずきながら、新入社員のように聞くことができました。
とても、有意義な時間でした。高武先生ありがとうございました。

主催の大阪支部の皆様、本当に素晴らしい歓迎会でした。お疲れ様でした
&ありがとうございました。

そして、卒業生の皆さん、
まさにこれから、社会に出ると「人との出会いが財産」です。今日、皆さんと私
も新たな出会いをもらいました。改めておめでとうございます&ありがとうござ
います。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM