ボストン アートの街1

  • 2010.09.26 Sunday
  • 12:12
早いもので、ボストンへ着て1ヶ月が経ちました。
ここへ着てからの気付いたんですが、私達の住むブルックラインビレッジから、
なんと、歩いていける距離に日本の貴重な美術品の宝庫でも有名なボストン美術館があったんです。こんな近くに気軽にボストン美術館へいけるんなんて、やっぱり、うれしい。
そして、ボストン美術館といえば、1週間前の土曜日に表具士の『脇屋助作』さんという方の講演会に参加してきました。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、脇屋さんは多くの日本の国宝や重要文化財の修復にご尽力されていて、今回、ここボストン美術館に、所蔵されている日本の美術品の修復や指導者として来られているということでした。
脇屋さんのイメージはとても気さくて温和な感じ、そして、修復の仕事がとても好きで、仕事に関しては貪欲、国宝級の仕事をすることに関しても物怖じせず、やってこれたと柔和な顔とは別に芯の強さを感じました。
そんな脇屋さんが、今回ボストン滞在2年の予定が1年で帰国することになったということです。
脇屋さんの残念そうな一言が、私の心に残っています。
『引き出しを開けて見せたのに、出させてもらえず、帰国することになりました』 と。     by asai

脇屋さんは、テレビ取材も多くカメラを前にして、重要文化財級の修復をされることも多いそうですが、その時でもまったく緊張しないそうです。ただ、描かれた絵に引き手を入れるため、絵にナイフを入れる時は胃が痛むほど緊張されるとのことで、このコメントには、とても考えさせられるものがありました。
私たち建築の仕事では、長年培われてきた古いものを壊す。ことに鈍感になっていているような気がします。新たな創造物を生みだす私たちの仕事には誇りは持ってはいるのですが、自然も含め、もっと今あるものを壊す時には、胃が痛むほどの緊張感を持って、提案してゆくことが必要だなと感じました。

脇屋さんには貴重なお話を聞かせていただき、そして企画いただいたボストン日本人会の皆様 ありがとうございました。                                       By Takahara
コメント
高原先生、浅井さんお元気ですか?
ご無沙汰しております。
立派なおうちを建ててもらった明石です。
今仕事中なんですが、ほんとにふと先生のことを思い出して、(もちろん今までも何回も思い出してたまにブログなんぞは拝見させてもらってますよ)ブログを見てみたら、ボストンにいるってなことになってるじゃないですか!?
ビックリしましたよ。
たぶんうちのももちろん娘、おばあちゃんも知らんと思うし、今日帰ったら話しますけど。
2年滞在予定、寮生活みたいに書いてますが、また新たにお勉強、研究みたいな感じでしょうか?
終わりなき向上心、さすがですね。

私も日々勉強ですが、新しいものに向かう勇気も必要ですね。

またたまに見てみます。
体調崩さないよう頑張ってくださいね。
chocoも元気そうで(笑)
中山さんらも元気ですか?

またいつか会えるのを楽しみにしてます。

         明石
  • akashi
  • 2010/10/28 1:21 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM